0からやせる、やせるダイエット。

やせるダイエット、食事でやせる、飲み物でやせる、手のツボダイエット、生活の中で簡単ダイエット、健康的にやせましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--(--) --:--:-- スポンサーサイト スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やせるための秘訣(やせるダイエット)

やせるための秘訣(やせるダイエット)



まず、朝食をしっかり食べる事が大事です。


同じ量を食べても、一日三食より、

朝食をぬいた一日二食の方が、

体が飢餓の状態と認識してしまうため、

脂肪をためこみやすくなってしまいます。


脂肪に変わりやすいのは

主に夜に食べた食事の分なので、

朝と昼の量を多くすると、

夕食の量を減らす事ができます。


朝食をぬいてしまうとと、

体温が上昇しなくなり、

基礎代謝で消費する一日の総カロリーが減ってしまいます。




食事はできるだけたくさん噛んで、

ゆっくり食べましょう。

過剰なくらい何回も噛む事によって、

脳の満腹中枢を刺激します。

さらに胃腸の負担を軽減できます。




一回で口に持っていくごはんの量は、

なるべく少量にして下さい。

太っている方は、

一回で口に持っていく量が多い傾向があります。


太っている方は、口いっぱいにほおばって、

よく噛まずに飲み込むことで満腹中枢が刺激されず、

食事の量が自然と多くなっている傾向があります。




お米は、雑炊やおかゆにすれば、

少ない量で満腹感を得られます。




三食の中で、一回でもお豆腐をメニューに加えましょう。

そのままでも、湯豆腐にしてもいいですし、

醤油、めんつゆ、お塩、お味噌など、

味付けを工夫するとよいです。


低カロリーで、おなかもふくれ、

大豆加工食品なのでイソフラボン、

大豆タンパク質などの体とダイエットにいい栄養素が

たくさん含まれています。




間食、おやつは極力避けてください。

どうしても甘いものが食べたくなったら、

ノンシュガーの飴、ガムなどを食べると良いです。




ストレスをなるべくためないようにする。

ストレスによる、食べすぎや、過食を防いで、

健康な体調を維持し、

無理なくダイエットを続けることが大事です。

自分なりのストレス発散方法を書き出しておくのも

おすすめです。




体重が目標まで減ってきたら、

その体重を維持していける食事の量にしましょう。

減ったからと言って、たくさん食べてしまっては、

元の体重に戻ってしまいます。


太る事よりやせる事の方が何倍も大変なので、

やせたからといって油断は大敵です。




つい食べすぎてしまう事もあるので、

そういう時には、

ダイエット食品を用意しておくのも、賢い方法です。


スポンサーサイト



 やせる 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。