0からやせる、やせるダイエット。

やせるダイエット、食事でやせる、飲み物でやせる、手のツボダイエット、生活の中で簡単ダイエット、健康的にやせましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--(--) --:--:-- スポンサーサイト スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

食事でやせる(やせるダイエット)

食事でやせる(やせるダイエット)

食事でやせるには、


摂取カロリーを低くすることが基本となります。



炭水化物(糖分)、たんぱく質、脂質(脂肪)は、


食品の三大栄養素と言われる重要なエネルギー源です。


体を動かすエネルギー源であり、筋肉などの体を作るもととなります。


しかし、この大事な栄養素である炭水化物や脂質も、


摂取しすぎるとたちまち肥満のもととなります。


くれぐれも食べ過ぎには注意してください。


健康のためにも、「腹八分目」が理想的です。




この三大栄養素を摂取しなさすぎても、体によくありません。


極端に食べる量を減らす間違ったダイエットをすると、


疲れやすくなったり、体温が上がりにくくなり


冷え性になったり、生理現象が現れなくなったり様々な問題がでてきます。




食事する時は、「よく噛んでゆっくり」と食べましょう。


15~20分噛むことにより、脳の中の満腹中枢が刺激されます。


よく噛むことによって、食べ過ぎを防ぎ、食事で満腹感を得られるようになります。




脂肪分の少ない食事を目指しましょう。油で揚げた物はなるべく避けます。


鶏肉の皮には脂肪分が多いので、調理段階でなるべく取り除いておきましょう。


牛肉、豚肉は脂肪分が多いので、脂身(お肉の白い部分)は


あらかじめ取り除いておくと良いです。


霜降り肉は、脂肪がお肉全体に


ついているので、カロリーが高いです。




カロリーが高い食事や外食は、なるべく控えて、


和食や野菜類中心のメニューにしましょう。


食物繊維には、糖質や脂質が


体内へ吸収されることを、抑えてくれる働きがあります。




野菜や海藻、キノコ類は多めに食べ、食事のカロリー自体を低く抑えましょう。


腸内をきれいにするため、こんにゃくや、ところてんなどの寒天類をメニューに加えるとよいです。




ダイエットには、断食ダイエットや、


単品ダイエットなど一つの食品だけを食べるような


栄養のかたよった食事は避け、


様々な食品をまんべんなく摂ることが、とても大切です。


スポンサーサイト



 やせる 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。